そごう・西武、西武船橋・小田原店を閉鎖、8月の長雨は恵みの雨?など


そごう・西武、西武船橋・小田原店を閉鎖 :日本経済新聞

また閉店のニュースとなってしまった。そごう・西武が西武船橋店と小田原店を2018年2月末に閉店する。16年に2店舗の閉鎖、17年には2店舗の閉鎖に加え2店舗の譲渡、そして18年にもすでに2店舗の閉鎖が決まってしまった。

もちろんこれは素直に悲しむべきことだけとは思わない。売上・利益の取れるところで勝負するということは悪い選択ではない。赤字店舗は利益の取れている首都圏の足を引っ張るだけの存在なのである。

そごう・西武はそごう千葉店を2018年3月に改装することにしている。そういった取り組みも赤字店舗を減らすことで加速させられる。もちろん店舗の閉鎖はブランド価値を既存させることにもなり、ニュースは大々的報じられ、百貨店の凋落をいかにも感じさせられる。勝負のできる店舗で良いニュースを待ちたい。

また話は変わるのだがこのニュースを見て、そごう・西武の店舗一覧のホームページをみた。↓

株式会社 そごう・西武

店舗一覧を見たかったのだが、そごうと西部でわかれてしまっていて非常にわかりづらい。看板の違いに対する意識はなるべく薄めてほしいというのは管理人の気持ちなのだが…こだわりがあるのだろうか。

さらに話はかわるが、そごう・西武のホームページは各ページのタイトルすべて「株式会社 そごう・西武」となっていてSEO対策が全くなされていない…もちろんこれだけの会社になるとそこまでやる必要はないのかもしれないが、本当に消費者が欲しい情報を与えられる体制が整ってるのかこの点からも疑問に思ってしまう。(この辺はITとかホームページ制作の知識なので百貨店事業とはあんまり関係ないです…)

 

都心長雨、百貨店に恵みの雨? 8月東京5%プラス :日本経済新聞

8月は21日連続で雨が振り、百貨店売上も厳しいものとなってしまうだろうと予想していたが、予想を裏切り好調のようだ。

8月の消費者の動きは遠出が多いのだが、雨によって近場のレジャーとして百貨店を選択する人が増えたようだ。百貨店の多くは駅直結や直結でなくても傘なしでアクセスできるとことが多い。

8月はそもそも百貨店の売上は大きくない。セールもお中元も終わり、秋物が本格的に売れるわけでもない。少し中だるみの期間だ。今回の事例も参考になるかもしれない。

 

~京が香る百貨店~ 松栄堂×ジェイアール京都伊勢丹 香りの演出:時事ドットコム

京都伊勢丹で各フロアで匂いの変えたお香でお客様を迎える取り組みをするようだ。匂いはかなり好き嫌いが分かれて、嫌いだけでなく人によっては頭痛や吐き気を催す人もいる。この取組をするというのはなかなか決断できない内容だろう。従業員にそういう人がいると業務に支障を来す場合もある。

実際どのような香りでどのくらい強いのかわからないが、面白そうな企画ではある。

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ