14ヶ月ぶりに全国百貨店売上高がプラス、百貨店の屋上でビアガーデンなど


2017年5月第4週の百貨店ニュースのまとめです。

今週は珍しく(笑)明るい話題から

4月の全国百貨店売上高、14カ月ぶりプラス 訪日外国人けん引 :日本経済新聞

日本百貨店協会が23日発表した2017年4月の全国百貨店の全店売上高は4527億円だった。既存店ベースでは前年に比べ0.7%増、14カ月ぶりに前年実績を上回った。インバウンド消費が好調だった模様。

細かい数字に関してはまたアップ予定です。弊サイトも見づらいですが、この発表をPDFでの表のみというのが百貨店の寂しいところですが・・・

ただ国内に関しては前年比0.2%減と振るわない。もちろん需要のある層をターゲットにする必要はあるが、売上の95%は国内需要であるので、まだまだインバウンドに大きく頼ることもできないのが現状だ。

 

中元商戦始まる、福岡の百貨店 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

もうお中元商戦は始まっている。お中元は関東関西で送る時期も変わってくる。

お中元は、関東なら7月初旬~7月15日、関西なら、お盆を8月に行うため、7月下旬~8月15日までに贈るのが一般的。以下の記事を参考にしてみてほしい。

 

お中元・お歳暮の正しい時期はいつ?気をつけたいマナー10ヶ条 | 株式会社LIG

中元・歳暮の文化はかなり廃れてきているものの、なお需要はある。もちろん送りたくて送っている人は少数な気はするのだが…

ただ日頃お世話になっている人に送るもので、感謝の気持ちを表すのには丁度いい…と言いたいところだが、そうであれば誕生日とかのほうがちょうどいいのでは…?とも思ってしまう。

今の百貨店の姿勢は売上を取るという姿勢しか見えず、どういう魅力的な商品が揃えられるのか?というところばかりにフォーカスしているようにみえる。

そうではなく、どうして送るのか?どうして中元・歳暮が必要なのか?というところに焦点を当ててみてはどうだろうか?

 

百貨店夏商戦「体験」あつく 屋上でBBQ、七夕イメージの総菜 :日本経済新聞

昔の百貨店の屋上といえばちょっとしたテーマパークのようで、子どもが乗り物で遊んだりしていたが、すっかり大人のための広場になってしまった。

ビアガーデンやBBQが楽しめるところにしているところが多く、週末は予約も取れないほどの盛況だ。需要によって業態が変化していくことは素晴らしいことなので賛成だ。問題はここでの集客が下階層まで波及しているのかということだ。

さすがにビアガーデンだけで取れる利益はかなり限られている。簡単なところで言うと、ビアガーデンでデパ地下の惣菜を展開してみるなど、広告も兼ねて見てはどうか。

 

三陽商会、背水のコート「新ブランド」 脱百貨店じわり :日本経済新聞

 三陽商会は、新しい自社ブランドのコートを9月下旬からセレクトショップなどで発売すると発表。三陽商会はバーバリーとのライセンス契約が切れてから売り上げが低迷。SANYOの名を冠した自社ブランドを育てライセンスに頼らない会社を育てていく。

三陽商会はバーバリーのライセンス契約が切れた後、マッキントッシュロンドンの展開をしていったがうまくいっていない。SANYOの名を売っていくことに仕方なくかじを切ったようだがどうなるだろうか。品質に関しては折り紙付きなので問題ないと思うが、バーバリーはうまくいってマッキントッシュロンドンがうまく行かなかった事例をみると、看板がいかに重要かを感じる。

百貨店もダメだダメだと言われているが、その看板の力はまだまだ健在。SANYOというブランドをいかに育てられるか楽しみだ。

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ