ニトリの東武池袋本店出店、そごう・西武のプレミアムフライデーなど


2月第1週の百貨店ニュースのまとめです。

 

−2月1日 日本経済新聞社「環境経営度調査」小売・外食部門ランキングでそごう・西武が首位獲得

そごう・西武は、第20回「環境経営度調査」(日本経済新聞社実施)の、小売・外食部門ランキングで首位となった。「環境経営推進体制」と「温暖化対策」の2項目で満点、各項目でも高評価となった。

そごう・西武全店では、「グリーンラッピング」活動を 2010 年より導入している。ギフト購入の際、ラッピング用リボンを 100 円で購入すると 50 円が植樹用として寄付される。

その他16 年 3 月西武池袋本店屋上が「都市オアシス」に認定されている。

単純な疑問だが、こういったラッピングは過包装ということにはならないのだろうか。簡易包装は理解できるのだが、なにかそうではない包装紙が使われているのだろうか。

 

「GINZA SIX」 が竣工

銀座松坂屋の跡地にできる、GINZA SIXが竣工になった。

GINZA SIX | GSIX | ギンザ シックス

百貨店ではなく、大型複合施設として全く新しく生まれ変わる。2017年4月20日開業予定。

 

−2月2日 そごう・西武のプレミアムフライデー

そごう・西武のプレミアムフライデーイベントが発表された。

池袋~横浜 湯めぐりフライデーと銘打って

・西武池袋本店では、屋上で足湯に浸かりながら満喫する一足早い花見。足湯に

癒されながら巨大パネルに描かれる桜を観覧。桜メニューも楽しめる。

・そごう横浜店では気軽に立ち寄れる足湯が登場。足湯に癒された後は、普段よりも早い時間から、ゆっくりと美味しい料理と美味しいお酒に酔いしれることができる。

まったく今までにない「足湯」がキーワードだ。管理人には魅力は感じないが、これが受けるのかどうか、やってみないとわからない。

 

「松坂屋コレクション」フランスにて公開

J.フロント リテイリング史料館は、独立行政法人国際交流基金とフランス国立ギメ東洋美術館との共催で、2 月 22 日(水)~5 月 22 日(月)フランス・パリのギメ美術館に
おいて、「Kimono, au bonheur des dames 展」を開催することとなった。 

J.フロント史料館と名古屋市博物館が所蔵する 5000 点を超える松坂屋コレクション
から選りすぐりの 120 点を展示。

会場全体のアーティスティックアドバイザーとして、コシノジュンコ氏を迎え日本
の伝統とフランスモードのマリアージュを演出する。

 

−2月3日 ニトリ東武池袋店3月15日(水)にオープン

東武百貨店は東武百貨店池袋本店6階に「ニトリ東武池袋店」を 2017 年 3 月 15 日(水)にオープンすることを決定した。西武池袋本店に後塵を拝する東武百貨店だが、同じ土俵で戦わないというのはお互いにとっての利益に思える。ニトリは新宿高島屋、港南台高島屋、名鉄百貨店本店にも出店している。

またニトリはアパレル参入にも意欲を見せている。

ニトリHD会長:アパレル参入意欲、チェーン買収も-「自信ある」 - Bloomberg

百貨店にまた新たなライバルの登場となるだろうか。ただ、購買層が違うと経営者層は思ってしまっている可能性もある。ただ、ニトリがアパレルまで揃えてしまうと、ニトリで「百貨」は揃ってしまう。質も価格も悪くない。

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ