三越伊勢丹のテレワーク導入、玉川高島屋の等身大ショコラ像など


1月第4週の百貨店ニュースのまとめです。

 

−1月23日 三越伊勢丹がテレワーク導入。まずアシスタントバイヤーから

三越伊勢丹は4月から、アシスタントバイヤーらを対象としたテレワーク(在宅勤務)を順次始める。まずは育児中などで時短勤務を希望する従業員を対象に、柔軟性のある勤務体系の一環として試験的に実施する。フレックスタイムとの併用も視野に入れている。

三越伊勢丹は休館日や年始の休業など働き方改革を進めてきたが、さらにテレワークの導入も進める。店舗は基本的には人ではあればあるほどよく、アシスタントバイヤーといえど、繁忙期には店頭のサポートも仕事に含まれることも多かったとも思われる。

店舗運営の企業でこういった取り組みが可能なのは素直にすごいことだと思う。業績も好調とは言えない中でこういったことはなかなかできない。

働き方改革は従業員のモチベーションだけでなく、通勤電車の混雑緩和など社会的意義も大きい。ぜひ、成功例を作って他社に追随されるモデルとなって欲しい。

 

−1月24日 玉川髙島屋等身大ショコラ像が初登場

玉川高島屋は人気漫画家池田理代子さんの「ベルサイユのばら」に登場するキャラクター「オスカル」を等身大サイズ(身長約 178cm・座像高さ約 125cm・チョコレート使用量約 140 ㎏)のショコラ像として1月27日より展示する。

玉川髙島屋本館 6 階催会場で開催するチョコレートの祭典「アムール・デュ・ショコラ」でお披露目される。

 

プレミアムフライデー 午後3時開店 居酒屋がキャンペーン | NHKニュース

いよいよ来月からプレミアムフライデーが始まる。おそらく百貨店業界では午後3時で仕事を切り上げて・・・とうのは難しい。もちろん午後3時で切り上げた人をどう消費に結び付けられるかという勝負が始まる。

プレミアムフライデー導入にあたっては、様々批判もある。まだまだ百貨店各社からの戦略は見えてこないが、ぜひこのチャンスにおもしろいことをやってほしい。(百貨店協会で値引きやセールはやらないことに決定したことは朗報だ)

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ