バレンタイン商戦、京王百貨店駅弁大会など


2017年1月第2週の百貨店ニュースのまとめです。

 

そごう・西武のバレンタイン2017今年は女性同士のバレンタインに注目

高島屋2017年バレンタイン

そごう・西武は、今年のバレンタインで「女子同士で集まるともっと楽しい!」をキーワードに、女性が女性に贈りたくなるチョコレートやファッション雑貨をクローズアップ。

高島屋は、バレンタインに向けて「アムール・デュ・ショコラ」を1月25日から各店舗で開催。今年は人気少女漫画作品「ベルサイユのばら」とコラボ。原作者の池田理代子が特別に書き下ろした漫画2作品の公開のほか、企画をバラエティ豊かにそろえ、親子で楽しめるラインナップを提供する。

そごう・西武は女子同士に注目し、雑貨とのコラボなど、これまでやってきたことの延長線上の企画に感じる。女子同士でチョコをあげあういわゆる「友チョコ」は今に始まったことではない。

それに対し、高島屋はバレンタインを単なるチョコを買うだけのイベントから、ベルばらとのコラボで、新しい価値を生み出すことに挑戦している。多くの人が楽しめるイベントと感じる。

 

-1月12日 肉が主役!京王百貨店「駅弁大会」の舞台裏 | 鉄道漫遊記 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

京王百貨店といえば駅弁だ。Google検索で京王百貨店と入れると予測で一番最初に出てくるのは「駅弁」なくらいだ。今年の開催は1月12日~24日。約300種類の駅弁がそれぞれのジャンルやテーマで競う。

・牛肉駅弁頂上対決

・海の幸黄金弁当対決

・海鮮陶器駅弁対決

 などのテーマで競いあう。

第52回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 | 京王百貨店 新宿店

 

-1月13日 ニトリ、名鉄百貨店本店にオープン 名駅前の利点生かし集客 :日本経済新聞

名鉄百貨店本店に13日、「ニトリ」がオープンした。ニトリの百貨店出店が止まらない。タカシマヤタイムズスクエア、東急百貨店東横店、2017年春にも東武百貨店池袋本店への出店も決まっている。

名鉄百貨店はニトリ誘致で主要顧客のシニア層に加え、30~40歳代を集客したい考え。館内の買い回り効果も狙う。30〜40代から利用してもらえばその年代がシニア層になってもその百貨店を利用してくれることも期待できる。

10年前には全く考えられなかった動きだが、大丸松坂屋を始め、成功してきており、消費者が求めている形なののかもしれない。

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ