百貨店の検索結果が増えるとき。Google Trendsで調べてみた。


一年でGoogleの「百貨店」という単語の検索回数が増える時期がある。

以下はGoogle Trendsで百貨店の検索数を調べた画像だ。

f:id:horie3127:20170108233522p:plain

見づらいと思うのだが、定期的に検索数が伸びている時期がある。

これはすべて年をまたいだ週、つまり年末年始だ。年末年始といえば・・・福袋、おせち、初売り・・・これらも当たり前だが年末年始に検索数が伸びる。

f:id:horie3127:20170108233522p:plain

百貨店のトレンドは、それ以外の時期で言うとほとんど誤差程度の違いしかないが年末年始ははっきりと伸びている。日本人の年末年始の過ごし方に百貨店が一役買っているのは間違いない。検索する層は普段行かない人も多いだろう。知らないから検索するのだ。

言われなくてもわかってる話ではあるが、改めて年末年始の商戦というのは百貨店にとって一年を占うような時期になっていると思われる。福袋でもおせちでも初売りでもお客様を裏切るようなことは絶対にしてほしくない。

また各百貨店ごとにトレンドを見ると以下のようになる。

単体での売上の高い高島屋が一番検索されている。その他も売上に沿ったようになっている。また検索数が一気に伸びているのはやはり年末年始である。

西武は掲載していないが、西武は鉄道に球団があるので百貨店単体での検索は難しい。

会社単位で見ると以下のようになる。

会社単位で見ると圧倒的に高島屋が検索されていて、他は途端に検索数が減っている。百貨店業界の再編から10年程度経つが、消費者からは当たり前だが昔からの看板を見ているようだ。看板へのこだわりまでも捨てたJフロントリテイリングはどうなるのか楽しみである。

 

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ