12月第5週百貨店ニュースまとめ


2016年12月第5週の百貨店ニュースのまとめです

 

-12月26日 西武そごう、白金(プラチナ)マジンガーZ 福袋

そごう・西武と、「マジンガーZ」45周年という節目を迎える永井豪氏との取り組み第一弾。「マジンガーZ」を、高級素材白金(プラチナ)で再現した超高額の福袋を用意。コウゲイ株式会社にて製作。50mm サイズ(2,017,000 円(税別))は、世界限定50体を西武池袋本店で先行受注。スペシャルバージョンとしてご用意する120mm サイズ(14,000,000 円(税別) )は、世界限定1体で西武池袋本店の福袋企画でのみ受注販売。

ここまで来るともはや福袋ではないが、福袋以外での販売方法も考えられない。いろんな方法で百貨店を盛り上げてほしい。

 

-12月27日 そごう・西武、ハンズフリーアウター「着るバッグ」新作発売

そごう・西武のプライベートブランド「LIMITED EDITION」で、トラベルに最適なマルチポケット付アウター“着るバッグ”の新作が発売。旅を想定したパスポートポケットや盗難防止用のシークレットポケットがついているなど、ライフスタイルに合わせて自由に使い分けができるバッグいらずの両手が自由になるアイテム。

近年、ファッション性だけでなく、機能性も求められている。百貨店ではこれまではファッション性を追求してきたかに見えたが、そごう・西武が、他では見ない機能性を提案。プレスリリースではマネキンの写真でモデルが着ていないのが残念だが、楽しみにしたい。

 

大丸浦和パルコ店の営業終了に関するお知らせ

 

大丸松坂屋は2017年7月末日(予定)をもって同店の営業を終了することを決定した。百貨店の閉店が止まらない。

業界では2月末にも西武筑波店、西武八尾店が閉店。三越伊勢丹ホールディングスも三越千葉店、三越多摩センター店の閉鎖を決めた。

2016年一杯でプランタン銀座も閉店をしたが、こちらはフランスの百貨店「プランタン社」との商号と商標の契約が終了するためであり、3月には「マロニエゲート銀座2」として、新たにオープンする。

 

-12月31日 ~三越伊勢丹グループ企業メッセージ

三越伊勢丹ホールディングスは、企業活動の方向性をより明確に示す言葉として、一昨年より開始した企業メッセージ「this is japan.」を、2017年も継続し、発信を強化していくことを発表した。三越伊勢丹グループでは、「JAPAN SENSES」と題し、2011年より日本の伝統・文化・美意識が作り出す価値を再認識し、新しい価値としてお客さまにご提供する取り組みを推進してきた。

百貨店というドメスティックな業態ではあるが、爆買など外的要因に頼らず、”ファッションの伊勢丹”として日本を世界に発信してもらいたい。

 

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ