2017年11月のデパート情報百貨記事一覧

ZOZOSUIT無料配布の衝撃


もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディースーツを無料配布 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

「ZOZOSUIT」への悔しさと感謝と、私たちはここからどう戦っていくべきなのかということ。|最所あさみ|note

今週はなんといってもこのニュースだろう。百貨店とは少し違うように思われるかもしれないが、ZOZOTOWNが確実にアパレル業界を変えていくだろう。

採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」を送料200円のみの無料配布をZOZOが始めた。送料は無料にしていないのはZOZOらしい。

ZOZO、送料「一律200円」に 11月1日から - ITmedia ビジネスオンライン

ZOZOSUITによる採寸方法やこれから展開などは未だ明らかになっていないが、

http://zozo.jp/pb/

上記ページにてオリジナルブランドの展開が予告されている

「ロゴの◯△□のように
人の姿かたちはそれぞれ
けどよーく見てみると
◯△□の面積はすべて同じ
みんな違うけど、みんな一緒
世界中のすべての尊い個性が
ファッションで繋がる未来を目指して
ブランド「ZOZO」はじまります」

このブランドの鍵のひとつがサイズだというのが、サイトメッセージからも明らかだ。

これまでも百貨店の販売戦略のひとつとしてサイズがひとつの武器なのではないかと伝えてきた。ネットではどうしてもこまかいサイズがわからないし、サイズ感に関しては対面でアドバイスを貰えたほうが良いのは間違いないからだ。

ただこのSUITがあれば、ネット販売の大きな弱点が全くなくなることになる。このボディースーツ、筆者も予約をしたのだが予約時に身長・体重が聞かれる。単純なS・M・Lで区切られていないことは明らかで、新しいブランドもサイズがより細かい、または全てオーダーレベルなのかもしれない。それもユーザーがサイズ感について意識することなく購入が可能だ。もしかしたら、ユーザーがサイズを選択するという体験すらなくなってしまうのかもしれない(好みがあるのでゆったり・すっきり程度は選べるかもだが、どちらを選んでも体型に合っているものが選ばれる)

なんとなく、百貨店業界の人はこのニュースに関して無関心な人が多い気がするが、単純な既製服、または時間とお金をかけてのオーダーしかできない百貨店には全く太刀打ちできない相手が出て来る可能性が大きいのだ。

* * *

三越伊勢丹のネット通販戦略、BINO銀座オープンなど


三越伊勢丹HDが新中期計画で掲げる「ネット通販強化」の現実味 | inside Enterprise | ダイヤモンド・オンライン

正直百貨店がネット通販で勝てるとは到底思わない。Amazon、ZOZOTOWNに各種アパレルメーカー…どれひとつとして百貨店が勝つ見込みは今のところひとつもない。自社の商品もなく、他社商品も満足に集められないネット通販でどうやって戦うのだろうか。

ネットの時代だからと言って、とりあえず手を付けているだけにしか見えない。

 

不動産事業の拡大に向け、新商業施設を開発ーBINO銀座(ビーノギンザ)2017年12月7日(木)第一期オープン|株式会社 大丸松坂屋百貨店のプレスリリース

12月7日(木)、大丸松坂屋は「BINO銀座(ビーノギンザ)」をオープンさせる。

「GINZA SIX」、今月4日には松坂屋上野店南館跡地に複合商業施設「上野フロンティアタワー」を開業するなど、看板にも百貨店業にもこだわらない商業施設をオープンし続けている。

 

ビックカメラ、船橋に新店開業 百貨店の女性客見込む :日本経済新聞

ニトリ/立川高島屋に出店、コーディネートルーム充実(2017.11.14)|流通ニュース

ビックカメラやニトリが百貨店に出店するというニュースは一昔前では大騒ぎだったが、今となっては本当に小さなニュースになってしまった。結局消費者はこういった量販店を求めていたということだったのである。

* * *

三越伊勢丹のリストラ、大阪高島屋の好調など


三越伊勢丹、描けぬ成長戦略 高い人件費・リストラ遅れ:朝日新聞デジタル

三越伊勢丹 40代で早期退職も | ホウドウキョク

先週も取り上げたが、引き続き三越伊勢丹のリストラ策が続く。前社長の大西洋氏は、雇用を守ろうとし、成長戦略をなんとか作り出そうとしていた態度と対照的だ。もちろん、必要のないものは捨てていく必要があるだろうし、ある程度のリストラはしょうがない。

ただ、リストラだけに力を入れていても業績は上向かないし、従業員もついてこない。

 

高島屋3~8月売上高、大阪店が数十年ぶり1位 免税品好調 :日本経済新聞

ここ最近の百貨店の好調はインバウンド需要が主な要因となっており、首都圏の百貨店を中心に売上が伸びていたが、高島屋では大阪店が好調だ。

大阪店では国内客向け売上高は0.1%増と国内向けの需要をガッチリ掴んだ形だ。ただ、免税品も56.1%増と好調、大阪もインバウンドの例外ではない。

 

上野にパルコ開業 松坂屋跡地、客層の若返り図る:朝日新聞デジタル

松坂屋上野店南館跡地にパルコが開業した。百貨店の看板すら気にしなくなった大丸松坂屋はどんどん別の業態・会社となっていく。

 

歳暮商戦がスタート!百貨店ではプレミア感競う「希少食材」や「健康」売り | HANJO HANJO

11月に入り、百貨店でも歳暮商戦が本格化している。お歳暮はもはや、多くの人にとってめんどくさい文化以外の何者でもなくなった。百貨店に期待したいことは、お歳暮を

・楽しいものにする

・贈りたいものにする

・それでいてお金・時間がかからないものにする

ということを目指して頂けたら、まだもう少し支持いただけるのではないだろうか。そう入っても、各社創意工夫をし尽した結果が現在であり、筆者も対策は何も思い浮かばない。ただ、めんどくさいものとして残り続けてほしくはないものだ。

* * *

大手百貨店4社が10月増収、体験型福袋についてなど


百貨店、全社が増収=インバウンドけん引-10月:時事ドットコム

大手百貨店4社が発表した10月の既存店売上高は、全社が前年同月実績を上回った。土曜日が1日少ない上に台風や週末の雨による天候不順が続いたが、インバウンドの旺盛な買い物需要に支えられた形だ。

これまで前年を超えるのがやっとどころか前年割れがずっとだったのだから、これだけの悪条件で前年達成は喜んで良いのではないだろうか。

そごう・西武が前年0.1%増と苦しんでいるのも、そごう・西武は西武池袋本店の1店舗しか都内に構えていないのが原因と思われる。

ただこれらの数字は既存店ベースなので、業界単体での売上で考えると、店舗が縮小傾向にある限り、厳しいものとなっているのは間違いない。

 

百貨店と大体大がコラボ、シニア世代中心に体力測定 - スポーツ : 日刊スポーツ

百貨店の福袋商戦スタート、今年も「体験型」でアイデア勝負 TBS NEWS

百貨店の福袋、「体験型」の時代レストラン列車披露宴も(1/2ページ) - 産経ニュース

モノからコトと言われ始めて久しいが、ようやく百貨店もコトの販売が本格化してきている。

 

豊満な胸の悩みを解消、バストサイズで選べる服が好評 - 日経トレンディネット

そもそも洋服には基本的にはS・M・Lの三種類程度しか基本的には用意されていないのがおかしな話である。これだけありとあらゆる体型があって、ありとあらゆる商品が用意されているのにもかかわらずだ。

サイズというのはファッションにおけるかなり重要な要素となる。サイズの合っていないスーツはどんなに質の良い商品でも、あきらかにだらしない印象となる。

こういったサイズという観点から商品を展開していくのもありと思われる。

 

横浜高島屋が横浜DeNAベイスターズの日本一を祈念して「どら焼き」をプレゼント - ヨコハマ経済新聞

筆者が個人的に百貨店に足りないと感じているのは「お祭り感」である。セールとか催事のときのお祭り感はワクワクするものがある。もちろんそれは通常営業時の少し厳かな雰囲気の対照的であることから感じると思われる。

地域密着というのは百貨店の生き残る道のひとつなのは間違いない。こういった地域にとって喜ばしいイベント・出来事には積極的に参加して盛り上げてほしい。

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ