2016年12月のデパート情報百貨記事一覧

12月第4週百貨店ニュースまとめ


12月第4週の百貨店ニュースのまとめです。

 

-12月21日 三越伊勢丹トランジットのレストラン出店

三越伊勢丹が2017 年4 月末に表参道ヒルズにて「Fratelli Paradiso(フラテリ パラディソ)」をオープンすることを決定した。

「フラテリ パラディソ」は、2001年にシドニー ポッツポイントでエンリコ&ジョバンニ・パラディソ兄弟とマルコ・アンブロジーノの3人がオープンしたイタリアンダイニング。

三越伊勢丹のグループビジョンである「常に上質であたらしいライフスタイルを創造しお客さまの生活の中のさまざまなシーンで、役に立つことを通じてお客さま一人一人にとっての生涯にわたるマイデパートメントストア」実現のため、グループのリソー
スや強みを活かした独自性の高い新規事業の開発を進めている。

 

-新春のJAPAN SENSES

2017年の三越伊勢丹グループ「JAPAN SENSES」の年間キャンペーンテーマは、「日本のかたち」~優しいにほんのいろいろ~。1月のJAPAN SENSESは、「やわらかな、おだやかな」という意味を表す「柔(にこ)」にフォーカス。

ファッションの伊勢丹と自称他称があるが、こういった”和”に特化したイベントも。上記のニュースからもファッションはトータルコーディネートの一部で、一人の生涯をコーディネートしようとしているのが伺える。

 

-12月23日 ハマの番長・三浦大輔、京急百貨店に半日店長として登場

元横浜DeNAベイスターズの三浦大輔が12月23日、京急百貨店の“半日”店長として登場する。

百貨店は商売事情としてあまり有名人を呼べない事が多い。そもそも大きなスペースを持っている百貨店は少なく。ちょっとしたスペースだと、人だかりで売り場が機能しなくなり事故のもとになるからだ。

三浦大輔さんほどの有名な人、特に地元のスターが登場するとなると運営方法が気になるところである。

* * *

12月第3週百貨店ニュースまとめ


12月第3週百貨店ニュースのまとめです。

 

-12月13日 三越伊勢丹が東京都スポーツ推進企業に認定

三越伊勢丹が、平成28年度東京都スポーツ推進企業に認定されました.8月に開催した「サマースポーツフェスティバル」が評価され、昨年に続いて2度目の認定がされた。

これは東京都が従業員のスポーツ活動の推進に向けた取り組みや、スポーツ分野における支援を実施している企業を認定しているものである。

三越伊勢丹は休館日を設けたり、年始営業も元日は休館、首都圏の店舗は3日からの営業など、従業員の労働環境の向上に力を入れているのがわかる。

 

-12月14日 か高島屋「働き方改革宣言」を策定

高島屋が従業員の心身の健康を確保し、能力を発揮できる環境を作るため働き方改革宣言を出した。宣言は以下の通り。

宣言:時間外労働を削減し、年次有給休暇の取得を推進します

その達成のために以下を実施

●ワーク・ライフ・バランス休暇(有休2日間)を新設し、家族とともに過ごす時間を拡大。
●事業所ごとに設定している「ノー残業デー」を拡大。
●働き方改革を労使で取り組む。

こういった宣言を見ると、高島屋も従業員の労働環境向上に力を入れていることが伺える。その一方でその内容は企業として当たり前のものが並ぶ。

この宣言をみると、高島屋の現状は

・有給が取りづらい

・残業が多い

労働環境なのではないのかと推測されてしまう。もちろん筆者は高島屋の労働環境についてはわからないので推測でしかない。ただ一方で三越伊勢丹はスポーツ推進企業に認定など、一歩進んだ取り組みに見受けられる。

 

-12月15日 外貨建てカード決済サービスを導入

東急百貨店は、外国人旅行者へ向け、外貨建てカード決済サービスを、東横店、本店の一部の売場に導入した。自国以外でクレジットカードによる支払いをする際、実際の請求金額が確定していないのだが、このサービスを利用することにより決済時点で支払い金額が確定するため、為替変動のリスクを心配することなく買い物ができる。

外貨獲得のためにより快適な買い物環境が求められる。

 

-12月16日 高島屋めぐみちゃんと家族のメッセージ横田 滋 写真展

横田めぐみさんが 13 歳で家族から引き離され、拉致されてから、まもなく 40 年が経とうとしている。来年2017 年は、拉致とわかってから 20 年、更には北朝鮮が拉致を認めてから 15 年という節目の年。新宿髙島屋で開催する写真展では、初公開の写真を含む約 90 点の写真パネルと、めぐみさんの思い出の品約 10 点を展示するとともに、新たに制作された映像の上映も会場内で行われる。

 

11月の売上確報がいくつか出ています。

三越伊勢丹

Jフロントリテイリング

高島屋

 

* * *

12月第2週百貨店ニュースまとめ


12月第2週の百貨店ニュースのまとめです

 

-12月5日 三越伊勢丹三越伊勢丹グループの2017年1月~2月店舗休業日について

三越伊勢丹グループの2017年年始の営業日が発表された。近年、元旦から営業というのもおかしくない空気が合ったが、三越伊勢丹グループの首都圏は3日から営業、その他は2日から営業となっている。そごう・西武は1日から、その他は2日から営業する模様だ。

 

-12月8日 SWPホールディングス株式会社(株式会社ソシエ・ワールドの持株会社)の 株式取得(子会社化)に関するお知らせ

  三越伊勢丹、エステ大手のソシエ・ワールド(東京・渋谷)を買収すると発表。国内消費の落ち込みに加え、「爆買い」の失速で売上が打ちる中、エステの百貨店への出店などを通じて「コト消費」に焦点をあてたサービスを強化する。

本業がうまく言っていないのに、他の業種に手を出してどうするんだ?という声もあるが、業態を変えていかないと生き残れないのが今の百貨店である。

 

人気コスメをお試し&取り寄せ 地方店向け新サービス e.コスメステーション

そごう・西武の郊外型 11 店舗では、ネット通販「e.デパート」の仕組みを使って、店頭で扱いのない化粧品を試用、取り寄せするサービスを開始した。

該当店舗で取り扱いがない約 20 ブランドの商品見本を常時用意。各ブランドの代表商品、新製品などをご自由に試せる。コスメブランド各社の研修を経たそごう・西武自社スタッフが商品紹介と使い方のアドバイスをする。

イケセイキレイ ステーション

そごう・西武の大型店では以前から、化粧品の”キュレーション”とも言うべき「キレイステーション」というサービスを続けている。肌の診断、それにあったブランドの紹介をしてくれるサービスだ。

ブランドごとに商品柄並んでいると、ブランドを跨って比べることが難しいからだ。

この取組を物量の少ない地方店でも取り組もうとしているようだ。

 

 -12月9日 大丸神戸店 2017年3月 関西初出店 「Fred segal KOBE」オープン

大丸神戸店は、2017 年 3 月、アメリカ西海岸生まれのライフスタイルショップ「Fred Segal(フレッド シーガル)」の国内 3 号店を商船三井ビルディングにオープンする。
周辺店舗開発 30 年を迎える 2017 年、旧居留地エリア全体の魅力化に取り組む「アーバンドミナント戦略」をさらに推進する。百貨店にこだわらないJフロントリテイリングの取り組みである。Fred Segal|フレッド シーガル公式

* * *

12月第1週百貨店ニュースまとめ


12月第1週の百貨店ニュースのまとめです

 

-11月30日 三越伊勢丹 冬のエムアイ・クオリティキャンペーン

今年の「冬のエムアイ・クオリティキャンペーン」においては、 11月30日(水)からの第1弾では、「冬色」×「冬素材」をクローズアップ。

12月26日(月)からの第2弾では、「春色」×「冬素材・端境期素材」をクローズアップ。気温に適応した商品のきめ細やかな提案をすることによりお客さまの需要にお応えしてまいります。今回は、WEBでの取り扱いを強化。初めて動画も製作し、商品の魅力をわかりやすく伝える。

動画はこの他にもバイヤーによるこだわり、商品の解説動画がアップされている

www.youtube.com

 

-12月1日体験型福袋が登場!小田急百貨店「スペシャル夢袋」

「酉年」にふさわしいスペシャル企画!「新宿店 55 周年スペシャル夢袋」

☆2020 年はもうすぐ! 親子でプロゴルファー気分を味わおう!
タイトル:「小田急百貨店×GDO 才能開花も夢じゃない?親子でゴルフ上達夢袋」
価 格:170 万円 

☆TOKYO の春を巟る!
●「勅使川原郁恵さんと楽しむ素敵ウオーキング夢袋」
販売価格:1 万円
販売数量:3 店で合計 10 袋

☆家族の“いま”を切り撮った、世界に一つのフォトブックを作成!
タイトル:写真家・青山裕企氏が写真で綴る「55 枚の家族のメモリー」夢袋

価 格:55 万円
販売数量:限定 1 組(三世代 7 名様まで)

三世代のご家族揃っての 1 泊 2 日の箱根旅行に、写真家・青山裕企氏が同行。青山氏の視点で、いつもとは違う特別な家族写真を撮影、55 枚の写真で構成されたフォトブックを作成する。

小田急百貨店の目玉の発表された。従来の洋服や食べ物の詰め合わせなんてものだけではなく、体験型の福袋を押している。

最後の青山氏が旅行に同行し・・・というものはもはや福袋と呼べるかは怪しい・・・。それでも楽しい、魅力的な企画であれば、それは全く問題ない。

 

-12月2日 小林武史氏がアレンジSalyuさんが歌うCD付きクリスマスメッセージカード限定発売(そごう・西武)

Salyuと小林武史による「WHAT A WONDERFUL WORLD ~この素晴らしき世界~」を収めたCD付きのクリスマスカードが、12月3日より全国のそごう・西武19店舗および同店の通販サイトで発売される。

クリスマスメッセージカードは小林武史氏と Salyu さんによる、そごう・西武のクリスマステーマミュージックを収録したオリジナル CD と、立体メッセージカードのセット商品。カードデザインは、本年そごう・西武のクリスマス装飾デザインを手掛けているクリエーター、レスリー・バーンズ氏のオリジナルイラストをベースにしている。

展開店舗:そごう・西武 19 店 会期:12 月 3 日(土)~25 日(日) ※1,500 枚限定

 

11月の売上速報は以下のURLより

三越伊勢丹

jJフロントリテイリング

高島屋

高島屋を除く3社が前年同月を下回った。消費低迷に加え、日曜日が前年より少なかったことが響いた。インバウンド含め、化粧品が好調だった高島屋は1.3%増と、4カ月ぶりのプラスとなった。

三越伊勢丹ホールディングスは2.2%減、J・フロントリテイリングが4.5%減、そごう・西武が4.7%減。免税品販売は、高島屋が9.2%増。ほか3社は1割程度のマイナスだった。

 

にほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ